遊んで伸ばす♪バルシューレ「知育教育」のおすすめ

児童期の「発達的特徴に合わせた」ドイツ生まれのボール遊び教室

自分で出来る!HowToDo♪

ご案内は一時中止して内容を掲載しております。

  Ballschule(バルシューレ)はドイツで生まれたボール遊び教室。

◆ お子様の社会参加
◆ 公園デビュー
◆ 登園・入園前
◆ 運動神経向上

心と体の知育向上をすべて満たす「遊び場」です。
※ 児童が楽しく関わりながらも、基礎運動能力・社会性・思考性・自発性を身に付けられる教育研究を背景に持ったボール遊び教室です。

「バルシューレ」とは直訳すると「ボールスクール」(Ball school)、子どものボールゲーム教室のことで、その運動プログラムはドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所で開発されました。

現在、子どもたちの外遊びが激減し、オールラウンドな体力・運動能力を身につける機会がめっきり少なくなってきているなか、ドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所が開発したバルシューレ運動プログラムは、種目横断的な子ども用ボールゲーム指導プログラムとして注目を集めています。

“Ballschule” の運動プログラムは、バレーボール、サッカー、テニスといった個別種目の学習に入る前にすべてのボールゲームに共通する、最大公約数的な基本要素をプレイしながら身につけることができるよう工夫されており、さまざまなボールゲームの基礎技能がオールラウンドに習得できるようにつくられています。

例えば、”Ballschule” の指導プログラムに「敵の穴を見つけよう」「飛んでくるボールのところに走りこもう」というものがあります。 これらは単に走る、捕る、蹴る、投げるといった技能だけを身につけるのではなく、 判断力、空間把握能力を養うプログラムでもあります。

刻々と変化する現代の中で、周囲の状況を把握、素早く判断し、適応→行動出来る能力を養う、
”Ballschule” にはそのような効果を目的として活動します。


「知育教育」楽しい遊び場【バルシューレ】のインフォメーション

バルシューレハイデルベルグとの連携

バルシューレは、ドイツ最古の大学であるハイデルベルグ大学(創立1386年)のロート教授によって開発されたプログラムです。
私達は、開発元であるバルシューレハイデルベルグ及び日本の連携先であるバルシューレジャパンと共にバルシューレの継続的なプログラム開発及び品質向上のための研究活動に取り組んでいます。

<児童期の発達的特徴に合わせた運動教育>

幼児期〜児童期は人生の中でも運動能力の発達において非常に重要な時期です。
また、脳重量においては成人の約90%に及ぶ重量はこの時期に形成されます。

実はこの時期には、特定の競技で子どもたちの運動バリエーションを制限してしまうのではなく、幅広いスポーツの種目を越えたプレイ重視の運動を経験させることの方が重要です。

バルシューレは120種類を越えるボールゲームを通して様々な体の動きを経験するプログラムであり、児童期の発達的特徴に合わせた運動教育になっています。

<目的は「基礎運動能力」と「自発性」の向上>

習い事として特定の種目・競技の教室やクラブチーム等に参加をさせると、当然その目的は「競技力の向上」になります。
そして、「競技力の向上」を目的とするからこそ、特定の運動パターンの反復練習となり、運動のバリエーションが制限されてしまうのです。

バルシューレは、基礎運動能力を高めるための動きを取り入れた120種類を超えるボールゲームを通して、様々な体の動きを体験します。
また、バルシューレの認定資格を持った指導者は、技術指導をせず、ゲームの中で「どうやったらうまくやれるか」を子供達自身に考えさせ、自発的に探究していく環境作りを行います。
子ども達が夢中になって体を動かす過程で “基礎運動能力”と“自発性”を高める。これが、バルシューレに取り組む目的です。

< 対象 > 2才児〜小学生 ● 2歳児クラス ● 園児クラス ● 1〜3年生クラス ● 小学生クラス ご案内は一時中止して 内容を掲載 しております。

このサイトでは、Facebook、twitter、インスタなどで話題のドイツ生まれの遊びの科学「知育教育」楽しい遊び場【バルシューレ】をお探しのお客様が、商品の特徴などのポイントを調査して、情報提供・ご案内しています。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介しております。NAVERまとめ、など面白い情報がありましたら順次掲載していく予定でおります。